高級レストラン

フレンチや、イタリアンなど、高級レストランでの食事、憧れますよね!
高級食材に、手間暇かけた調理。
家庭では再現できない、プロの仕事です!

ですが・・・

  • お財布事情的に、高級レストランに行けない。
  • 高級店ならではのしっかりしたテーブルマナーに不安がある
    (もし、必要になったら、こちらのフランス料理のマナーについてをご参考に!)
  • ドレスコードを気にするのがたいへん
  • 小さな子供がいて、行けない

などなど、高級料理店は、なかなかハードルが高い、というのも現実です。

しかし、そんな誰しも憧れる、高級料理店のフレンチやイタリアンが
実はケータリングなら、リーズナブルに、マナーも気にせず、どこでも楽しめるんです!

会社のパーティーでも、ホームパーティーでも、結婚お披露目パーティーでも
ゴージャスなお料理があれば、参加ゲストもきっと盛り上がります!

フォリクラッセケータリングのお料理は高級料理店仕込み!

例えば、こちらはフォリクラッセのご提供メニューの一例です。


サマートリュフとマッシュルームのムース イタリア産ラルドのアクセント(16年7月~8月メニュー)
サマートリュフとマッシュルームのムース イタリア産ラルドのアクセント(16年7月~8月メニュー)


フォアグラフュメと秋映リンゴのクリスタル(16年9月~10月メニュー)
フォアグラフュメと秋映リンゴのクリスタル(16年9月~10月メニュー)


キャビアドオーベルジーヌ&キャビア メークインのシャルロット(16年9月~10月メニュー)
キャビアドオーベルジーヌ&キャビア メークインのシャルロット(16年9月~10月メニュー)



フォアグラ」「キャビア」「トリュフ」と世界3大珍味がふんだんに使われています。
しかも、これらのメニューはすべてレギュラーメニューなのです。
追加料金が必要なスペシャルメニューではございません。
お一人様 3,000円~の通常プランで、お召し上がりいただけます。

フォリクラッセのメニューは2ヶ月ごとに、すべて入れ替わりますが
どのシーズンでも、このような高級食材を使用した
繊細なお料理をご用意しております。

ミュージアムコーディネートのジュエルフード

「見た目は綺麗だけど、食べたらまずいんじゃないの?」

とお思いかもしれません。
しかし、ぜひ一度、お召し上がりいただきたい!
見た目のゴージャスさに反して、とても優しい味でなめらかな口当たり。
一口で、高級店の味が広がります。

フォリクラッセのリピート率はなんと95%!
お味も美味しいということが、おわかりいただけるかとおもいます。

大皿料理だって、このとおり!
おしゃれでおいしそうです!

牛ロースのハーブソルトグリル 青唐辛子のサルサベルデ (2016年9月~10月メニュー)
牛ロースのハーブソルトグリル 青唐辛子のサルサベルデ (16年9月~10月メニュー)
地鶏モモ肉のロースト ポルチーニ茸とマデラ酒ソース(16年9月~10月メニュー)
地鶏モモ肉のロースト ポルチーニ茸とマデラ酒ソース(16年9月~10月メニュー)

高級フレンチ・イタリアン出身のシェフが手がけているからこそ!

フォリクラッセのケータリングで、高級料理店の味がお楽しみいただける理由は、
エグゼクティブシェフの二戸が、高級フレンチ・イタリアン出身だからなのです。

エグゼクティブシェフ・二戸浩二
エグゼクティブシェフ・二戸浩二

二戸はまず、東京都渋谷区の恵比寿ガーデンプレイスにある、
お城のような高級フランス料理店「ジョエル・ロブション」で修行を積みます。

その後、日本を代表する、有名フランス料理店「シェ松尾」に務めた後
ヨーロッパへ渡り、研鑽を積みました。

帰国後は東京都港区・六本木の有名イタリア料理店「サバティーニ」の姉妹店である
「南青山リストランテ カンティネッラ」のシェフを経て、
ケータリング業界に転身いたしました。

すべてのお料理を二戸が手がけているからこそ、
いつでも本場仕込みの西洋料理がご提供できるのです。

ケータリングなのに本格フルコースも、ご提供しております

フルコース例
フレンチ・フルコースの一例

そんな二戸シェフの実力を、充分にご堪能いただけるのが
「フルコース」のケータリングです。
どんな場所でも、温かいできたてのフルコースをお召し上がりいただけます。

現在フォリクラッセでは、フレンチ・イタリアン・和洋折衷の
3タイプのフルコースもご提供しております。
(お一人様あたり1万円~)

フルコースを作るシェフ達
フルコースを作るシェフ達

シェフ達の経験・実力が必要とされるため、
フルコースがご提供できるケータリング会社は、実はけっこう希少なのです。

ホテルやレストランではない場所で、
結婚披露宴・ウェディングパーティーを挙げられるお客様に多くご利用いただいております。
「場所も、料理も諦めたくなかったから嬉しい!」と大好評です。

由緒正しい神社で、神前式後にフルコース!なんてこともございました。

(おまけ)キャビアドオーベルジーヌ&キャビア?

先ほどもご紹介した、こちらのお料理。

キャビアドオーベルジーヌ&キャビア メークインのシャルロット
キャビアドオーベルジーヌ&キャビア メークインのシャルロット

ちょっと気になった方もいるかもしれないので、ご説明を。

本橋
料理名に、「キャビア」が2回も登場しますが、
そんなにキャビアだらけなんですか?
二戸シェフ
この黄土色っぽいムース状の部分が「キャビアドオーベルジーヌ」。
ナスとニンニク、ハーブで作る、南フランスのポピュラーな家庭料理で、
ナスの種がキャビアに見えるから、こう呼ばれるんです。
本橋
じゃあ、これ自体にはキャビアは入っていなくて
その上に本物のキャビアをのせてるから、こうなったんですね。
「ものまねで歌ってたらご本人登場!」みたいなかんじですね!
二戸シェフ
・・・・・まあ、そんなかんじです・・・・・。

おしゃれなフランスにも「カニカマ」のノリが存在することを知って
なんだか嬉しくなった今日此の頃です。

Web担当・本橋
Web担当・本橋