賀詞交歓会(交換会)とは?

「賀詞交歓会」実は私、社会人になって初めて聞きました。

日本企業が、主に新春(主に1月中)に開催するもので、
「今年もよろしくお願いします。」と新年のあいさつを交わす会のことです。
ちなみに、「賀詞交歓会」「賀詞交換会」どちらの漢字も、よく使われています。

賀詞交換会と新年会は別もの

新年に行う「企業の催し物」というと「新年会」を想像する方が多いと思います。
では、賀詞交歓会は新年会と一体何が違うのでしょうか?

【新年会】

新年会での乾杯

社内などの身内だけで、終業後の夜間に行う事がほとんどで
飲み会など、飲食がメインの宴会形式です。
居酒屋などで開催します。

【賀詞交歓会】

名刺を渡すビジネスマン

企業内の社員だけで行うこともありますが
多くの場合、社外のビジネスパートナーや、取引先、お客様を招いて開催します。
様々な企業の方が集まる「異業種交流会・名刺交換会」の新年版という場合もあります。
昼間に開催されることも多く、立食パーティーの形式が主流です。
飲食よりは、ご挨拶や名刺交換などのコミュニケーションがメインになっています。

ビジネスの場だからこそ、会議室などでの開催がおすすめ!

賀詞交歓会は、ホテルの宴会場などを借り切って開催する企業も多いですが、
「もう少し気軽に・予算を抑えて開催したい」という場合は
会議室を利用しての開催がお勧めです!

自社の会議室でも、ケータリングをご利用いただければ、充分開催可能です。
また、社外の貸会議室や、イベント会場をレンタルして開催することもできます。

「貸会議室・イベント会場なんて、今まで探したことないし、どうやって探したらいいのやら…」

そんな場合でも、ご安心ください。
ご予算・人数・場所などのご希望をフォリクラッセケータリングにお伝え頂ければ、
最適な会場のご紹介から、お手伝いさせていただきます。

賀詞交歓会のお料理は、会話を妨げず、高級感のあるものを!

賀詞交換会での会話

賀詞交歓会の目的は、飲食ではなく、ご挨拶などのコミュニケーション。

大切なビジネスパートナーとの会話を妨げないためにも
お料理は一口サイズのフィンガーフード系がおすすめです。

大皿料理だと、お皿にとって、フォークやスプーンで召し上がらないといけないので
会話がおろそかになりがちです。
フィンガーフードでしたら、会話の間にさっと、手に取って召し上がることができるので
とてもスマートです!

また、お客様や取引先をお招きしている場合
お料理のクオリティーも大切です。

フォリクラッセケータリングは、「ロブション」「シェ松尾」など高級フレンチ出身の二戸シェフによる
上質なフィンガーフードを提供しております。

フォリクラッセのジュエルフード(スイートではありません)
フォリクラッセのジュエルフード(スイーツではなくお食事です)

赤いお料理:フォアグラフュメと秋映リンゴのクリスタル
黄色のお料理:あおりイカのタルタル イカ墨とルイユ エディブルフラワーゼリー

ムード満点!お正月特別テーブルコーディネート

お正月和コーデ

フォリクラッセはフルサポート(スタッフがお飲物・お食事のケアまですべてサポートするプラン)
でケータリングをご注文いただいたお客様には、
個性豊かなテーマ別テーブルコーディネートを無料でご提供しております。

写真は、その中の一つ和風イメージの「ジャパニーズコーディネート」の
お正月限定ヴァージョンです。

せっかく新年をいわう賀詞交歓会を開催するなら、こんなふうに
おめでたい新年にふさわしく、お正月ムード満点にすれば、
参加したゲストもきっと喜んでいただけます。

お取引先や、ビジネスパートナーの皆さんにご満足いただければ
きっとこの1年も、良いお付き合いができますね!

Web担当・本橋
Web担当・本橋