ストーリーからご提案!ファンタジーな魔法図書館ケータリング

2018年10月2日

ストーリーからご提案!ファンタジーな魔法図書館ケータリング

フォリクラッセでは、通常のケータリングだけでなく、
お客様からの特別なご要望にお応えして、
オリジナルメニューや、
時にはオリジナルのテーブルコーディネートをご提供しております。

そんな特別対応を得意とする、
弊社ケータリングプランナー・宮城。

そんな彼女に、あるとき超難題がふりかかります。

ケータリングのスケールを超えた、壮大すぎるご要望襲来

今回のクライアントである
プラネットファーマソリューションズ株式会社様は
製薬会社様向けのソフトウェアを開発・販売している会社です。

毎年恒例のイベント
「PharmaDocⓇ(製薬会社向けソフトウェア)ユーザー会」で、
弊社をご利用いただき、さらにお客様にご紹介までしてくださっております。

その、プラネットファーマソリューションズ株式会社、
代表取締役社長・深澤様とのお打合せをした時のことでした。

代表・深澤様
昨年のパーティー
「Beyond the cloud」
とても良かったですよ!
今年もその調子でお願いしますね!
宮城
 誠にありがとうございます!今年もがんばります!
代表・深澤様
今年は…女性うけを狙っていきたいです。

あと、とにかくグローバル性を重視したいんですよ!

例えば、森を歩いていて、いろんなお料理が出てくるとか。
そういった物語感もほしいですね。

さらに、どこかで、昨年のテーマ
「Beyond the cloud」を引き継いでいてですね…

(中略)

そんなケータリングをお願いします!

宮城
は、はい!かしこまりました!
バッチリ弊社にお任せください!(大汗)

【帰社後】

 

宮城
うわああああああ
二戸シェフー!
助けてくださいよー!

・女性うけして
・森からでてきそうで
・グローバル性があって
・雲が関係している

そんなお料理ありませんか?

二戸シェフ
え?
何言ってるの。
あるわけないでしょ。
そんな料理。
宮城
…ですよね~…

宮城
そうだ!すべてをストーリーでつなげよう!

絵本のようなファンタジー・ケータリング誕生

そして完成したのが「ストーリーのあるケータリング」。

昨年実施した「Beyond the cloud」のパーティーから繋がるストーリー。
そして、それに沿ったお料理と、特別なテーブルコーディネートです。

ストーリー内容を記載した、ブック型メニューを
特別にデザインして、なんと印刷会社まで使い製作!

当日、ゲストの皆様にお配りいたしました。

ブック型メニューに記されているのは、
文学の研究者である主人公”わたし”のストーリーです。


“わたし”年齢・31歳(2018年現在)

とある大学で文学に関する研究を行っている。

友達は飼い猫のレオだけ。
ある日、論文執筆の合間に散歩に出かけ、
公園のベンチで空を眺めていると、
不思議な形の雲が現れ、“わたし”を連れ去ってしまう。
(前回イベントのストーリー「Beyond The Cloud」)

持ち物は祖父の形見のペンと愛用のノートだけ。
研究にも行き詰っていた“わたし”は
不思議な運命を受け入れ、旅を楽しむこととした。

New Discovery ~雲の森と魔法の図書館~

雲を飛び越え、降り立った場所は森の中でした。
森の中の小道をたどり、歩みを進めていくと、
その先には古びた図書館が建っていました。

恐る恐る扉を開け、図書館の中に入っていくと
本が棚から棚へと鳥のように飛び回っています。

飛んでいる本のうち一冊が“わたし”の足元に落ちました。
拾い上げて表紙をめくると、その本には、
お料理のレシピが書かれていました。

さらにページをめくっていくと、なんと本からお料理が飛び出してきます!
“わたし”は、恐る恐る、料理のひとつを口に入れてみました。

「これは!本物の食べ物だ!」
とにかくおなかが空いていた“わたし”は
たくさんのレシピ本を手に取り、どんどんページをめくっていきます。

和食の本、中華の本、イタリアン、フレンチ・・・
どれもおいしく、初めて食べる味の料理でした。

そして最後に開いたのは、デザートの本。
本を開くと、おいしそうなマカロンがとびだしました。

マカロンを一口食べたとたん、あたりに霧がたちこめ、
“わたし”を取り囲んできました。

やがてそれは霧ではなく、大きな雲なのだと気づきました。
森だと思っていた場所は、実は雲の上。
“わたし”はおおきな雲に運ばれ、
また次の世界へ旅をしていくのでした。

つづく・・・


こちらが、今回のパーティーのために宮城が考えた、オリジナルストーリー。

そして、そのストーリーに基づいて、
フォリクラッセ一同、メニュー内容やコーディネートを試行錯誤する日々…。

いよいよ本番。
このようになりました。

パーティー本番:会場に魔法の図書館が出現!

パーティー会場のテーブルコーディネートは
今回のパーティーにあわせて完成させました。

魔法図書館がテーマの「ライブラリーコーディネート」です。

ライブラリーコーディネートは、メインテーマとして会場の中央に配置。
周囲は、森をイメージしたテーブルでぐるっと囲みました。

世界各国のフィンガーフードが出てくる魔法の本

ストーリーの中に出てくる「各国の食べ物が出てくる魔法の本」も作成いたしました。
こちらは、フランス料理の本から「フレッシュハーブとサラミのレター」というお料理が飛び出している様子。

よーく見ていただくと…本の右側のページの下部分に、お料理のイラストが描かれています。

イタリアンのフィンガーフードコーナー

・スモークサーモンとグリーンピースのクロスティーニ​(写真・上部)
・ポルチーニ茸のパニーニ​(写真・下部)

中華のフィンガーフードコーナー

・黒豚のシュウマイピンチョス​(写真上部・下部)
・餃子カップのひとくちエビチリ​(写真・中央)

和食のフィンガーフードコーナー

・真鯛と椎茸の和串​(写真・上部)
・毛蟹芯状のあられ揚げ​(写真・下部)

物語のポイント!ロゴマーク入りのオリジナルマカロン

ストーリーの最後で、主人公がマカロンを食べると、再び雲に連れ去られてしまいます。
キーアイテムとなるマカロンには「PharmaDocⓇ」のロゴをプリントいたしました!

さらに、雲をイメージした綿あめの飾りつけを施し、
より、ストーリーとの親和性もアップ!

また、来年のイベントの新たな章を予感させます。

会場のお客様や、協賛企業の皆様にもとてもご好評で
多くの方がテーブルやお料理の様子を写真に撮ってくださっておりました。

お客様
 お料理がかわいい!今までで一番美味しかった
お客様
リーフレットの物語と、
会場のコーディネート・お料理が
つながりがっていることが新感覚!
感動しました!

とのお声もいただいております。

↑プラネットファーマソリューションズ株式会社・代表取締役社長深澤様と弊社宮城で記念撮影!

プラネットファーマソリューションズ株式会社様
毎年、フォリクラッセを信頼してくださり、大切なイベントを任せてくだり、
多くのお力添えをいただき心より、感謝申し上げます。


イベント詳細

内容:「PharmaDocⓇユーザー会」(製薬会社向けソフトウェアのユーザー様向け懇親会)

クライアント:プラネットファーマソリューションズ株式会社

参加人数:108名様

お料理:立食・ビュッフェ

ドリンク:フリードリンク(アレンジプラン)

サポート:フルサポート 5名のサービススタッフがお料理・ドリンク、全てをサポート

会場:御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター(東京都千代田区神田)


WEB担当・本橋
ただ、お料理をご提供するだけではなく、
パーティーを通じて、
イベントの参加ゲスト様に感動していただく事。
そして、クライアント様のイベントを
大成功・大満足につなげるお手伝いをすることが
フォリクラッセ・ケータリングの役目です。

忘れられないイベントにしたい!
とお考えの企業ご担当者様は
ぜひ、どんな要望でもご相談ください!

このページをシェアする

  • Pocket
  • 印刷

ご質問やお見積もりなど
まずはお気軽に
お問合せください

お電話でのお問い合わせ

03-5284-4466

(営業時間 月~土曜日 10:00~19:00)

お問い合わせフォーム

INSTAGRAM